COLUMN住活のお悩み解決コラム

  • TOP
  • COLUMN
  • vol.12 あなたに合っているキッチンレイアウトはどれ?

vol.12あなたに合っているキッチンレイアウトはどれ?

2019.05.31

新築をご検討している中で、こだわりポイントの一つでもあるキッチン。
アパートやマンションのキッチンでは、調理スペースが狭くて料理がしづらく、
置くスペースも限られるため、家電や食器なども最小限に抑えているという
ご家族も多くいらっしゃいます。
十人十色、理想のキッチンのカタチはいろいろあります。
今回はみなさまの夢が膨らむキッチンについて、お話します。

スタンダードな壁付キッチン

LDKがひとつの空間にはなく、台所・居間と分かれている場合によくみるキッチン。 目の前が壁のため、料理に集中することができますね。 後ろの空間を広く有効に使うことができるのはメリットのひとつですし、吊り戸棚をつけても部屋に圧迫感が出ないため、収納スペースを最大限に活用できます。加熱機器前が壁になっており、キッチンパネルで仕上げることで、油跳ねのお掃除が楽だったり、ニオイもレンジフードへ効率よく吸い上げてくれます。

N邸間取り図

アユムホームが施工を手掛けたN邸では、ダイニングキッチンとリビングに仕切りを設けるプランにしました。そのためスペースを有効に使えるよう、壁向きのキッチンを採用しました。

壁付キッチン

新スタンダードの対面キッチン

現在、新築をご検討しているご家族の中で最もポピュラーなのが対面式キッチンです。 LDKが一つの空間になっているお家がほとんど。キッチンに立ちながらも、家族の顔がみえるようにと考えている方が多いです。 対面キッチンの中でもいくつかレイアウトやカタチの異なるキッチンがあります。 いくつか実例を交えながらご紹介します。

壁付I型キッチン

対面タイプの中でもよくあるのが壁付I型キッチン。また、圧迫感をなくし、開放感をより出す効果があるため、吊り戸棚をつけない方がほとんどです。 キッチン前の壁に立ち上がりがあるため、手元が隠れ、水跳ね防止効果・キッチン家電を使うのに便利なコンセントを付けられます。(※キッチンによってはキッチン本体にコンセントが内蔵されているものもあります)

M邸間取り図

①加熱機器前は壁に

加熱機器前を壁にすることで、油などがリビングに飛び跳ねません。壁と対面しているキッチンの良いところを取り入れられたプランです。

アユムホームが施工を手掛けたM邸では、壁タイプのキッチンスタイルに。 LDKを大空間にすると、強度を保つために壁面が必要となります。使い勝手も考えて、IH前を壁にしました。

壁付I型

②加熱機器前はガラスに

手元は隠したいけど、圧迫感をなるべくなくしたい。 そんなご希望を叶えたキッチン。

アユムホームが施工を手掛けたH邸では、壁ではなく一枚ガラスを取り入れて、すっきりとした印象のキッチンにしました。

壁付I型

U邸では、格子をつけたガラスにし、可愛らしさをプラス。

壁付I型

フラット対面(ペニンシュラ)キッチン

キッチンも立派なインテリアのひとつに。 ペニンシュラキッチンは、フラットのワークトップですっきりとした見た目。空間がより広く開放的に感じる事ができます。 その分、手元までよく見えるので、綺麗な状態を心掛ける必要も。

T邸間取り図

①ダイニングを兼ねたカウンターキッチン

リビングスペースをより広くしたい、子どもも成長し、食事の時間がばらばらなため、ダイニングテーブルは不要、というご家族に多いカウンターキッチンスタイル。

アユムホームが施工を手掛けたT邸では、カウンターキッチンを採用。約18.5帖ある広々したLDK。ダイニングテーブルを置かない分、とてもゆとりのあるリビングスペースとなりました。

カウンターキッチン

キッチン前にカウンターを設けるパターン

O邸では、段差のあるカウンター一体型のキッチンを採用。 フラットもすっきりとしていて綺麗ですが、敢えて段差をつけることで、動きが生まれ、カウンター部分がより引き立ちます。また、L型カウンターは、人数が増えても広々と使えて便利ですよね。

対面式カウンターキッチン

②対面側にも収納を取り入れたキッチン

リビングにはもう少し収納があったらという声を叶えたキッチン。

アユムホームが施工を手掛けたI邸では、収納タイプのキッチンを採用。 キッチンで使うカトラリー類はもちろん、日常で使う薬や文房具などといった細々したものまでしまえて便利なキッチンです。

収納タイプのキッチン

空間の主役となるアイランドキッチン

存在感抜群のオープンキッチン。 くるくると回れる動線も使いやすいですよね。

アイランドキッチン間取り図

アユムホームが施工を手掛けたY邸では、アイランドキッチンを採用。 LDKの中心にあるキッチン。白を基調とした内装にひと際目を引くダークグレーのキッチンは、家族みんなが集まる場所になりそうですね。

アイランドキッチン

L型キッチン

作業スペースが広いのが魅力のL型キッチン。 みんなで料理をするのも楽しくなりそうです。

L型キッチン

料理が楽しくなるⅡ型(セパレート)キッチン

シンクと加熱部分が別々となったⅡ型キッチン。 調理スペースの広さが最大の魅力です。

S邸間取り図

アユムホームが施工を手掛けたS邸では、Ⅱ型キッチンを採用。 作業スペースも広く、収納力も抜群。複数人で料理する際も、使いやすいキッチンです。

Ⅱ型キッチン

最後に…

いかがでしょうか?
キッチンはさまざまな形があり、ご家族のライフスタイルやどういう風に使いたいかでどのレイアウトにするか大きく変わってきます。
食事は毎日のこと。みなさんはどんなキッチンで料理を作りたいですか?

  • TOP
  • COLUMN
  • vol.12 子ども部屋はどうする?